ヽ(´・肉・`)ノログ

How do we fighting without fighting?

YAGNI が適用できるのはプログラムだけじゃない

僕自身が使いたいソフトやツールを作ろうとすると,僕がSIerでやってきた仕事とは違った部分での制約,選択を迫られる.それが YAGNI のありがたさをより一層感じることになるんじゃないか.

僕がSIerでやってきた仕事では,既にワークフローがあって,それをどうやってITに落とし込むかという作業をしていた.

だから「こういうAPIいるかな?」と思った時は,それを使うワークフローがあるかを確認すれば良かった.

大抵の悩みは「どうやって実現するか」だった.

翻って,僕自身が使いたいソフトやツールでは「こういうAPIいるかな?」と思った時に,まだ見ぬ(自身の)ワークフローを想像して選択しなければならない.

悩みは「使うかどうか」になる.大抵の場合,使うかどうか悩むような機能は入れないんだけど.

前者でも後者でも,YAGNI の原則は効く.だけど「どのくらい作るか」を悩む前者より,「そもそも作るか」を悩む後者の方が効き目を実感しやすい.

YAGNI の適用先がプログラムか,ワークフローかの違いだろうか.