ヽ(´・肉・`)ノログ

How do we fighting without fighting?

朝 kell 18 回目

Pattern matching のあたりをやりました.

場合分けを綺麗に書けるのはいいですね.

Ruby で階乗を再帰で書くとこんな感じですよね.

def factorical(n)
  case n
  when 0
    1
  else
    factorical(n - 1)
  end
end

Haskell だとこういう風に書くみたいです.

factorial :: (Integral a) => a -> a
factorial 0 = 1
factorial n = n * factorial (n - 1)

これだと個人的には Haskell の方が読みやすいかな.Ruby の when 句の後に ; をつけて 1 行で記述できたっけかな?後で調べてみよう.