ヽ(´・肉・`)ノログ

How do we fighting without fighting?

ターミナルで起動するemacs を256 色で表示する方法(with 今何色表示できているかを知る方法)

最近は vagrant で virtualbox の linux 環境を作って、その中の emacs で作業するというのに挑戦しています。 こうすると、作業環境の持ち運びや配布が簡単だし、windows 環境特有の問題でハマることもなくて便利です。

emacs は ssh 経由で繋いで使っています。そうすると、ターミナルのデフォルトでは 8 色しか表現してくれないのですよね。 お使いのemacs環境でどうなっているかは、emacsを起動して

(list-colors-display)

を実行してみるとわかります。8 つしか色の名前が出てこない人は 8 色。256 個の色の名前が出てきている人は 256 色の環境になってます。

terminal からは 8 色でしか表現できないと思ってあきらめてたのですけど、実はとても簡単に 256 色を表現できることを知りました。

$ export TERM="xterm-256color"
$ emacs

とすると、emacs は 256 色で表現しようとしてくれるみたいです。

起動した emacs で、先程と同様に

(list-colors-display)

を実行してみてください。256 個の色名が出てきましたか?

もし 256 色の色名があるのに、8 色しか見えない人は、ターミナル自身が 256 色に対応していないかもしれません。 でもざっと調べた感じだと putty も teraterm も最新版では 256 色に対応しているみたいですよ。

僕の場合は Windows で最高のターミナルを構築する方法を参考に mintty を使っています。 これでも 256 色にできました。

terminal-256-colors-emacs.png

このエントリーをはてなブックマークに追加