ヽ(´・肉・`)ノログ

How do we fighting without fighting?

elispのthing-at-pointを試す

まずは

(describe-function 'thing-at-point)

で情報を眺めるのが一番よい.

Return the THING at point. THING should be a symbol specifying a type of syntactic entity. Possibilities include `symbol’, `list’, `sexp’, `defun’, `filename’, `url’, `email’, `word’, `sentence’, `whitespace’, `line’, `number’, and `page’.

と書いてあるので

を指定すると,カーソル上にあるそれっぽい文字列を取得してくれるようだ.

(defun message-thing-at-point (thing)
  "thing-at-point で取得できた値を表示する"
  (interactive "Sthing:")
  (message "%s" (thing-at-point thing)))

という関数を作成して

abc def ghi
     ^ ここにカーソルがある

状態で M-x message-thing-at-point して,word と入力すると def が表示される.

~/foo/bar/file.org
 ^ ここにカーソルがある

状態で M-x message-thing-at-point して,filename と入力すると ~/foo/bar/file.org が表示される.


^ ここにカーソルがある

状態で M-x message-thing-at-point して,filename と入力すると何も表示されない.

もしここがわかりにくければ以下のサイトも参考にしてみるとよい

このエントリーをはてなブックマークに追加