ヽ(´・肉・`)ノログ

How do we fighting without fighting?

選ぶということはそのときあきらめるということ

働くことと生きることについての悩み という記事を読んだ.

僕が学生だったころに社会に抱いていた不安感と似ている. 同じものではないのだろうけど,その不安感に対して僕が今どう考えているのか,どう対処したのかをメモしておく.

不安感の原因

不安感の原因は何か.それは「選択肢が多すぎる」ことだったのだと考えている.

選択の科学という本では「食品売り場へジャムを 24 種類並べた場合と6 種類並べた場合に売上がどう変わるか」という例を通して, 「選択肢は多ければ多いほど嬉しいのか」ということを調べていた.

結果は 6 種類並べた場合の方が 24 種類並べた場合よりも売上が 6 倍多かったそうだ.

選択した瞬間に,他の選択肢は選べなくなる. 言いかえると,あることを選択するということは,同時に,他の選択肢についてはあきらめているということになる.

選択肢が 6 個だと,あきらめるのは 5 個.選択肢が 24 個だと,あきらめるのは 23 個になる.あきらめる量が多い方が,より辛い.

また,選択した瞬間に,選べなくなるということは,選択しなければ,あきらめなくてよいことになる. 辛いことはできるだけしたくないため「選択しない」という振舞をしてしまう.

そうすると「今は選べないから,また今度買おう」と考えて,売れない.

という仕組みになっているようだ.

同様に,働きはじめる場合には様々な選択肢が目の前に広がっている. だいたいの場合,情報は良い面を前面に押し出している. つまり,どう働くか決めた瞬間に,他の良さそうな働きかたを失なってしまう.

この,失う感覚に慣れていなかったのだと思う. ちょっと距離を置いて考えてみると,まだそれを得てもいないのに,失うことだけ追体験するというのは奇妙で皮肉なおもしろい話だ.

どうやって解決したのか

ジャムを選べなかった人と同じような振舞をしてしまった. つまり,選択肢が多すぎてどう働くか選べず,ずうっと就職を先延ばしにした.

そうこうしているうちに年をとっていき,働き方の選択肢がどんどん減っていった. 最後まで残っていた,やれそうなことがプログラマだったので,プログラマになった.

つまり,情けないが僕は絞り込みをしていない. 外部要因によって選択肢が減ったので,なんとか決められた.

幸い,プログラマには向いていたようで,今もなんとか仕事をしている.

この解決法は,僕の場合たまたまなんとかなったからよかったものの,万人にすすめられるものではない.

どうやって解決すればよかっただろうか

うまくいかなかった人が,あとで振りかえっているだけなので,うまくいくとも限らないが, 個人の日記レベルであのときこう考えていれば,また違ったかもしれないということを書いておく.

「自分ができること,今後できそうなこと」を基準に考えると,選択肢が増えすぎて辛いことはわかった.

「自分がやりたいこと」を基準に考えることにする.

複数のやりたいことが出てくることもあると思う. そこで次にやりたいことに順番をつける.順番なので同じ位があってはいけない.

順番を眺めて,1番のものを満たせそうな仕事を考えてみる. 同様に2,3…の仕事を考えてみる.

があるとする.

そうすると仕事 A,B,C,D,E が受かんでくる.今度は仕事別に考えてみる.

こうすると,1 番やりたいことができて,2 番目にやりたいこともできる C がいいのかもしれないなあというのが浮かんでくるかもしれない.

もしこの方法試してみてうまくいったり,いかなかったりしたら,今後悩む人のために文章を残しておいてもらえると嬉しい.