ヽ(´・肉・`)ノログ

How do we fighting without fighting?

これから習慣にしていきたいことへの挑戦

大事なのはわかっているのに,何度も挑戦して何度も失敗していることたち.

なさけない話だが記しておく.

まだ習慣になっていないこと

健康を維持すること

健康を維持するために予防的に行動することが大事.

特に慢性的な肩こり,眼精疲労,腰痛,頭痛などは著しく集中力を奪う.

なってからでは遅く,対症療法が効くまでに失われた時間は永遠に戻らない.

プロジェクトの初期に無駄にする一日も,末期に無駄にする一日も,等しく打撃になる. 一日を無駄にする方法はいくらでもある.しかし,一日を取り戻す方法はひとつもない.

– トム・デマルコ デッドライン

計画を知っておく/作っておくこと

先になればなるほど外部要因により流動的であったりするので,計画を立てておくことの費用対効果を考えると,粗くてかまわない.

ただし直近の1週間くらいはその都度「さて,何しよう」と悩まないようにきっちり決めて挑みたい.

In preparing for battle, I have always found that plans are useless but planning is indispensable. (戦う用意をするにあたり,計画はいつも役に立たなくなるが計画することは不可欠だ.)

– Dwight D. Eisenhower

えいご

なぜうまくいかなかったのか

今まで挑戦してきて,いつのまにか失敗で終わっていたことが結構ある.

  1. 自分の能力を超えた高い目標設定をしたことで,自分の期待に応えられず続けられない
  2. 目標設定をしなかったことで,振り返る機会がなくフィードバックを得られず続けられない

ちょうどよい目標設定をすればよいのか?ちょうどよいというのが難しい. そもそも目標設定がちょうどよかったというのをどうやって測るのか. 「続けばそれはちょうどよい設定だったのだ」というのはトートロジーだ.

今のところ続けられていることもある.例えば Sapporo.beam だ.こんなところがうまくいっている気がする.

  1. 最初に構えすぎない
  2. 極力手をかけない
  3. 一緒にやってくれる人を歓迎する
  4. 本人が楽しい

ふむふむ.ここから安易に結論は導き出さない.

どうするか?

とにかく最初は習慣を作ることが大事で,一度離れてしまっても再度チャレンジできるようにしておけばよいのではないか.

自分が離れてしまったというのをどうやって知るか?

「色つき星取表」という方式があったのでこれを試してみよう.

このエントリーをはてなブックマークに追加