ヽ(´・肉・`)ノログ

How do we fighting without fighting?

Elixir で時間を扱うのに便利なライブラリ Timex

Elixir1.0系には日や時間を扱うモジュールや型がないので,Erlangのライブラリを使うか,Elixirの外部ライブラリを使う.

今回はtimexを使って,twitterのcreated_atの時刻をコンバートした.

doc = "Thu Dec 11 22:02:32 +0000 2014"
{:ok, datetime} = Timex.DateFormat.parse(doc, "{UNIX}")
datetime
|> Timex.Timezone.convert(Timex.Timezone.get("Asia/Tokyo"))
|> Timex.DateFormat.format!("%Y-%m-%d %T", :strftime)
# => "2014-12-12 07:02:32"

使いかたはtimexのREADMEを読めば大体わかる.

渡せる文字列変数については,今のところどこにも書いていないのでソースコード内に書いてある一覧から判断した.

このエントリーをはてなブックマークに追加