自動化を行う

文脈と問題点の説明

想定する特性や機能といった品質を定義し、その品質を担保していることを確認し、成果物を作成、使いたい人へ送り届けることはソフトウェア開発の重要な側面である。

そのうち自動化が容易で効果の高い、品質を担保していることの確認と成果物作成の部分の自動化をこのソフトウェアで行う。

決定要因

品質担保と成果物作成を自動化した場合、ソフトウェアの費用に比べて効果が上まわるか?

検討した選択肢

決定内容

以下の理由により選択肢「品質担保と成果物作成の自動化」を採用する。

今回作ろうとしているソフトウェアにあてはめると以下の通りで、上記の一般論にあてはめると自動化の効果が費用を上まわると想定される。

リンク