言行一致

言っていることと、やっていることを揃えておくといいことが複数ある。

  1. 他人への説得力が増す - 例えば不正はよくないと説いている人が不正をしていたことが明らかになれば全く説得力がない
  2. 言っていることと、やっていることのギャップを埋めるための不要なエネルギーを他の有用なことに費やすことができる
  3. 言っていることと、やっていることが揃っていないと自覚している人は、他人もそうなのではないかと考えやすく不信によるコミュニケーションが蔓延してしまう
  4. 意識の高いときに理想に燃えて決めた言っていたことは崩れないが、やっていることが崩れることがある。そのときに自身が言行不一致に気づければ、行動を立て直す良い機会になり、理想を達成するための効果的な振舞を取り戻すことができる